抗うオンナの美容日記

40代。アラフィフ。見た目年齢は自分で作れる!抗うオンナの美容諸々

ダイエットとマシンピラティス  ~ダイエット遍歴&本気ゆるっとダイエット

159cm 45.8㎏
今朝の私の体重。
3年前にダイエット始めて、間違いなく人生で一番成功したダイエットの結果です。

ここ最近、1㎏近く戻ってしまったのでちょっとヤバイと思ってます...


考えてみれば中学生ぐらいの頃から色々とダイエットに手を出してきたな・・・って思います。
どれも成功したものはなかったけどw

■ダイエット遍歴
小学生までは手足が棒っきれみたいにガリガリでした。
母親が、ちゃんと食事させてるのになんでこんなに痩せてるんだろうって心配したほど笑。

中学2年生から体つきにやっぱり変化がでてきて。
かといって決して太っているというわけでもなかったんだけど。
高校生の頃は「ちょっと体重増えたから痩せなきゃ!ダイエットしなきゃ!」ってしょっちゅう言ってました。
今思えば全然太ってなかったのに。

その頃はダイエットの知識もないまま、晩ごはんにカロリーが低い(と思う)ものだけを食べるダイエットを手当たり次第に試してました。
リンゴダイエット・・・気持ち悪くなって3日目で断念
ヨーグルトダイエット・・・お腹すいちゃって数日で断念
晩ごはん抜き・・・お腹空いて家族が食べてる食事の誘惑に負けて食べる。後悔して翌日は晩ごはん抜き。翌日はまた誘惑に負けて食べる。

結局ひとつも成功してないっていう...w
いつも数日で断念しては、しばらくしてまた繰り返す・・・なんてことをやってました。
食事制限したり抜いたりすると最初の2㎏はすぐ落ちた、というのもあって「ダイエット=食事制限」と考えてました。

19歳の頃。
母親が友人から聞いてきたというダイエット方法をやったことがあります。
どこかの国立病院で考えられたダイエットメニューってやつ。
グレープフルーツとかゆで卵とかの献立が決まってて、2週間その献立に従ったら痩せるっていう謎のダイエット法。
これも手を出したけど結果は痩せませんでしたw・・・というより、2週間を完走できず...。

ちなみにこのダイエット方法、調べてみたら出典不明だそう...今でも謎


■2週間の食事制限ダイエット
30代からは多少の増減を繰り返しつつも48~49㎏を維持。
ただ、運動をしていたわけじゃないから、ウエストのくびれもなかったし内腿の隙間もないような体型でした。

3年前のこと。
暴飲暴食を繰り返してしまった時期があって数ヶ月で4㎏ぐらい体重増加。
自分でも太ってきたのは自覚してたけど、痩せなきゃな・・・と思いつつも放置してました。
当時は体重計に乗るのは数ヶ月に1回ぐらい。
太ってきた自覚があっても体重も体型も見て見ないふりしてました。

そんなある日。
同僚に「ちょっと太った?」って言われました。
その一言がかなりショックで、その日の夕食からダイエット開始しました。
ダイエットの「明日から」は永遠に来ない・・・なんてよく言うけど、その時は「明日から」どころじゃなく「今日から」ダイエット開始しました。
まさに “ダイエットの神がおりてきた” ってやつなのかも。

ダイエットを始める人はみんなそうだと思うけど、とにかくすぐ体重を落としたいって思いますよね。
私ももちろん例に漏れず。
まずは体重を減らさなきゃと思って食事制限を始めました。

食事は3食とも茹でたキャベツとササミ。たまにチーズかゆで卵を追加。
ビールは一切禁止。
これをとりかえず2週間続けよう!と決めました。

昔はダイエット断念してばかりだったけど、この時は途中で断念することはなく2週間やりきりました。
やっぱり同僚の一言が効いてて。というかショックで。

これ、自分で一番がんばったなと思うのが、2週間ビールを一滴も飲まずにガマンしたこと!
これはほんとに自分よくやったなって思う!

そんな食生活を2週間続けた結果、体重は3.5㎏ダウン。
ただ、油分を全然摂取していなかったせいか肌にハリがなくなりました。「しぼんだ」という感じ。
おまけに糖分(砂糖)を摂取していなかったのか栄養が不足していたのか分からないけど、ちょっとフラつきを感じるように。
しかも、食生活を元に戻したらあっという間に2㎏リバウンド...w

栄養バランスが悪い食事制限は身体によくないし、何より肌によくない、ということを痛感しました。


■本気ゆるっとダイエット開始
ダイエットを長期戦で取り組もうって決めて、マシンピラティスに通い始めることにしました。
ピラティススタジオの「本気ボディメイク」って看板に惹かれて。

キュッとくびれたウエストとか、スキニーがはける太ももとか、ビキニを自信もって着れるボディラインとか、人生で1回ぐらいはそんな身体になりたいって思いました。
今回は本気でやろうって。
でも、過去にジムに入会して数ヶ月で断念したこともあるし最初から気合い入れすぎたら続かないだろうなとも思ってw、まずは1週間に1回だけ頑張って通ってみようって決めました。

最初は週に1回。
基本的なレッスンのクラスなのについていくのが精一杯で、身体の正しい動きを意識する余裕はなかったな。
ウェアも、最初はキャミソール&レギンスでお腹を隠したもの。
お腹なんてとてもじゃないけど出せなかったし。

最初は週に1回だけって頑張って通ってたけど、全然つらくないしなんだか楽しくて次第に通う回数が増えていきました。
数ヶ月経つと効果を少しずつ自分でもわかるように。
特に、ウエストや腰肉がスッキリしてきて、きつかったスカートに少し余裕がでてきました。
会社で同僚にも、最近痩せた?って言われるように。
そうやって効果が出てくると、通うのがもっと楽しくなってくる...そんな感じだったので、ダイエットがつらいという感じもなく。
・・・で、通い始めて半年たった頃、ウエストはまだまだキレイにくびれてたわけじゃなかったけど、ブラ&レギンスでお腹を出したウェアに。
これ私の中では嬉しい出来事でした。

食事制限は特にせずに。
食べ過ぎない。夜遅くなったときは食べない。夜は揚げ物を食べない
これだけ守るようにしました。
ビールも全然制限なし♥

ピラティス通い始めて、食事もゆるっと制限、そんな感じで2年経つ頃には体重は8㎏ダウン。
エストや太もも、ヒップ、腰肉などのボディラインもサイズダウンできて、内腿の隙間もできました。

3年経過する現在も食事は「食べ過ぎない」「夜は揚げ物を食べない」ってことは守ってます。
ピラティスの夜のレッスンから帰ってきて遅くなってもビール飲みながら軽く食べてたりするし「夜遅くなったときは食べない」は守らなくなっちゃいましたが...。


ダイエットを始めて変わったこと。
毎朝体重を量ること。
毎日、裸の状態で鏡を見ること。
エストのたるみ具合と内腿の隙間をちゃんとチェック。

ピラティスを始めて変わったこと。
骨盤の正しい位置を意識すること。そうすると自然と姿勢も正しくなる。


一番は変わったのは「自分の身体とちゃんと向き合う」っていう意識かなって思います。
食べ過ぎて体重が増えた時もウエストがたるんできた時も、その現実を見ないふりしたいけどそれもちゃんと自分で確認する。



身体を鍛えた人、ダイエット頑張って努力してキレイなボディラインを手に入れた人がSNSで自分の写真載せてるの、以前は単なるナルシストじゃん。なんでそんなの載せてるのって思ってたけど今ならものすごく理解できます。
だって、がんばったら誰かに見せたいもん。自慢したいもん。

私は写真を載せたりしないけども...w
でも、頑張ってウエスト59cmになった時、うれしくて鏡いっぱい見てたもん。

まだまだウエストもヒップラインも完璧じゃないし。
しかもここ2ヶ月で1㎏ぐらいリバウンドしてしまって戻せてないし、年齢のせいで代謝もかなり落ちてきてるし、油断するとウエストもたるんでしまったりするけど。
一応MOUSSYのスキニー24インチを無理なく履けるぐらいにはキープできてます。
人によってそのサイズがどうか、という基準は異なるとは思うけど、私自身は頑張ってサイズダウンさせられたというサイズだと思ってます。

でも油断は禁物。
体型キープのための “ゆるっとダイエット意識” はこれからもずっと継続かな・・・と思ってます。