抗うオンナの美容日記

40代。アラフィフ。見た目年齢は自分で作れる!抗うオンナの美容諸々

ウエストのくびれと浮き輪肉

最近のウエストサイズは61㎝。
調子がいいと60.5㎝。
測り間違いか誤差かっていうレベルだけど笑

昨年末に60㎝を切ったことがあるんだけど、ちょっと油断して今は61㎝。
61㎝って太ってるっていうサイズではないとは思うんだけども、ウエスト細っ!っていうサイズかと言われるとそうでもないのかも。

理想は58㎝。
とりあえずの目標は60㎝を切ること。

・・・なんだけど、そう簡単じゃない。
食事制限ハードにしてがっつりダイエットしたらいいんだろうけど、最近はハードな食事制限してなくて、食べ過ぎないようにとか、夜は揚げ物と炭水化物を摂取しないようにとか。
それぐらいだから、そりゃウエストもそう簡単には細くならない。
うん、それは自覚してる笑

最近ピラティスでウエストのレッスンをたくさん受けて頑張ってて。
鏡で身体を見たらウエストちょっとくびれてきたんじゃない?って思って、計ってみたら相変わらず61㎝。

・・・気づきました。
そういや最近、腰回りちょっとプヨってる気がする。
もしやウエストがくびれたんじゃなくて腰回りに肉がついて、その対比でウエストがちょっとくびれてるように見えるのでは...?


腰回り、「浮き輪肉」って言ったりします。
ここは脂肪がつきやすく燃焼させるのが難しい部位。だから一旦脂肪がついちゃうとなかなか落としにくい。

ピラティスも通ってるし、食後の運動だって変わらずに続けてる。
なのに、なんで最近プヨってきたんだろう...って思ったら、この腰回りに脂肪がつく原因はいくつかあって。


原因その1:基礎代謝の低下
年齢を重ねると基礎代謝が低下していくので、同じ運動をしていても脂肪燃焼率が下がっていくもの。
プロテインを毎日摂取して抗ってはいるけど、若い頃と同じ、とはいかなくて、こればっかりは仕方ないかな...とも思ったり。

原因その2:姿勢の悪さ
姿勢が悪い状態だとインナーマッスルが緩んでしまって骨盤が傾いたり歪んだりしてしまう。
骨盤が傾くと、下腹部ぽっこりして腰回りには脂肪が。
骨盤の歪みは、血流を悪化させて周辺の筋肉も硬くなってしまうので腰回りにも老廃物や脂肪がたまりやすくなってしまう。
また、長時間座りっぱなしでいると、お腹周りの血流やリンパの流れが滞って老廃物や脂肪、余分な水分などが溜まりやすくなるんだそう。

原因その3:腰回りの冷え
冷えると皮下脂肪がつきやすくなってしまう。
気温の低下だけじゃなくて、長時間デスクワーク等の座りっぱなしや血行不良も冷えの原因に。

原因その4:筋肉不足
筋肉は糖質や脂質などのエネルギーを消費してくれるもの。
それが少なくなるとエネルギーを充分に消費できなくなって、体内に余分なエネルギーが溜まってしまう。


このプヨった浮き輪肉。
改善するには、有酸素運動、筋トレ、ストレッッチ、マッサージ等。

そして姿勢改善。
姿勢は「抗重力筋」という重力に抗う筋肉によって支えられているんだけど、姿勢が悪い状態だと抗重力筋がうまく活動できないんだそう。
そうすると基礎代謝も悪くなって血流やリンパの流れも滞ってしまって、腰回りにも脂肪がついてしまう。
姿勢を改善するには、背筋を伸ばすだけじゃなくて、内蔵を引き上げるような意識で下腹部に力を入れるといいみたい。
姿勢には気をつけてるつもりだったけど、仕事中とか集中してる時って姿勢が崩れてたんだろうな...と反省。

それと。
気温が下がってくるこの季節。
冷え対策のために、そろそろ腹巻とモコモコソックス出してこなきゃ。